マイナチュレカラートリートメント 白髪染め

「マイナチュレ カラートリートメント」のヘアケア

染まり具合は、髪の健康状態も大切になり、髪のダメージを補修することは、綺麗に染まることにもつながります。
「マイナチュレ カラートリートメント」には、ヘアケア成分が含まれ、髪のダメージを補修することと、染めたあとに、パサパサな髪になってしまうという白髪染めのイメージを覆し、指通りの良い滑らかな髪に導きます。
また、「大と小サイズのケラチン」を配合しており、ダメージ部分に栄養成分をしっかりと補給できるので、補修効果は、抜群です。

疑似CMC

CMCは、キューティクルに存在する、大切な成分をつなぎとめるための接着剤のようなもので、成分を外に逃がさないようにする働きがあります。
CMCは、ダメージや年齢を重ねるごとに壊れたり減少してしまいます。
この壊れてしまったり、減少してしまったCMCを疑似的に回復できるのが疑似CMCです。
疑似CMCを配合することで、中の成分守り、外からのダメージを防ぐことがきまうs。

 

ジラウロイルグルタミン酸リシンNa

植物由来で天然の脂肪酸と複数のアミノ酸を結合させた成分。
毛髪内部に浸透しダメージを補修したり、ハリ、コシ、スベリ性などを改善するこうかがあります。
高い浸透性と持続性が魅力です。

 

ケラチン

「ケラチン」とは、髪や爪の表面にあたる角質層を形成するタンパク質のこと。
ケラチンが不足してしまうと髪からハリやコシが失われ、「パサついた髪」や「まとまらない髪」になってしまいます。
髪の毛の表面がケラチンでコーティングされることで、ドライヤーの熱によるダメージから髪が守られます。また、繰り返しつかうことでケラチンを髪の内部にまで浸透させることができ、髪質の改善に繋がります。

 

ホホバ油

「マイナチュレ カラートリートメント」のヘアケア 
ホホバオイルとは、メキシコなどの砂漠地帯に生息するホホバという植物の種子から抽出される自然由来の成分です。
ホホバオイルの主成分は、保湿成分「ワックスエステル」です。
このワックスエステルは、人の皮脂を構成する成分のうちの一つと言われており、そのため肌や髪に馴染みやすく、油分を補いうるおいを保つ働きをしてくれます。

 

アルガンオイル

「マイナチュレ カラートリートメント」のヘアケア 
アルガンオイルは、砂漠のあるモロッコの南西部の乾燥地帯に生育する「アルガンツリー」から採取されるオイル。
髪や肌にうるおいを与え、乾燥を防ぎます。また、髪にツヤを与得る効果があります。